acoustic sense M.M.S.T Summer Program 2019
MMST summer program

MSP19開催

M.S.P 2019
2019.8.22 thu ~
2019.8.28 wed
in 天川村

大自然の中にある築150年の古民家を改装した滞在型アトリエ施設にて 参加者と共に作品を創作していきます。





INFORMATION


ゲオルク・カイザー

<創作作品>
『朝から夜中まで』
ゲオルク・カイザー(1878-1945)

ドイツ表現主義の代表的劇作家。初め風刺喜劇を書いていたが,1917年歴史劇『カレーの市民』の上演により注目された。次いで一連の社会的テーマの作品,『朝から夜中まで』 (1916出版,17初演) ,『珊瑚』 (17) ,その続編『ガス・1部』 (18) ,『ガス・2部』 (20) の「ガス3部作」で,現代社会のメカニズムのなかにひしがれる人間の姿を描き出した。登場人物の個性的属性をはぎ取ってタイプ化し,モノローグなどの手法を用いているのが特徴。ナチスの弾圧により 38年スイスに亡命。
山口茜

<担当講師>
山口茜/Akane Yamaguchi
(劇作家、演出家)

手触りのある物語の立ち上げと、その治癒効果に興味がある。主に物語の創作をトリコ・Aで、既存の物語を独自の切り口で立ち上げる作業をサファリ・Pで行う。文化庁新進芸術家海外留学制度研修員(2007年-2009年)、アトリエ劇研アソシエイトアーティスト(2015年度-2017年度)、セゾン文化財団シニアフェロー(2016年度-2018年度)。 2003年第10回OMS戯曲賞大賞受賞。2007年若手演出家コンクール2006最優秀賞受賞。2012年文化庁芸術祭新人賞受賞。2015年利賀演劇人コンクール2015優秀演出家賞一席受賞
stampLLC

M.M.S.T ART Lab / アトリエ

M.M.S.Tが創作の為に所有するアトリエ施設です。 奈良県の天川村にある築150年の古民家を、「芸術家が集中して創作する為の空間」 というコンセプトに沿って手を加えた特殊な空間です。

奈良県天川村

アトリエのある天川村は、“「天の国」「木の国」「川の国」”のキャッチフレーズをもつ、奈良県吉野郡に位置する村で、 修験の山「大峯山」と、「天河大弁財天社」が有名です。

▶︎MSP19 開催概要

<日 時>
2019年8月22日(木)〜8月28日(水)
※最終日は大阪市内の劇場にてショーイングを行います。
<会 場>
M.M.S.T Art Lab
〒638-0561
奈良県吉野郡天川村広瀬259
<内 容>
奈良県天川村にあるアトリエM.A.Lに滞在し一つの作品を創作します。最終日には観客を招いての上演実習を実施。参加者は戯曲解釈、シーン作りは勿論、舞台照明やスタッフワーク、本番に向けてのコンディション調整等、舞台創作に関するあらゆる問題に総括的に取り組んでいきます。
<応募資格>
18歳以上の健康な男女。 舞台未経験者可。
<募集定員>
10名
※定員になり次第締め切ります
<参加費>
33,000円
※期間中の受講料、宿泊費、食費を含む
<応募方法>
下記2つの方法のいずれかでお申し込み下さい。
■登録応募フォームでの応募
■メールでの応募
記載内容は下記のとおりです。
1.名前(ふりがな)2.性別 3.生年月日  4.郵便番号、住所、電話番号(日中連絡のつくもの)、メールアドレス 5.舞台経歴(ある方のみ)6.応募動機(400~800字程度) を記載の上、件名を「MSP19ワークショップ応募」として、下記アドレスまでお送り下さい。 送信後、36時間以上たっても返信がない場合は、お手数ですが、お問合せ連絡先までご連絡ください。
送信先メールアドレス
ws@mmst.net
<主 催>
M.M.S.T
<企画・制作>
合同会社periplocus